校長室(。ゝω・。)ゞ

校長室(。ゝω・。)ゞ

校長が好調な時に日々の思いをつづります。
生徒からの熱いメッセージも大募集!

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
RECOMMEND
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試
トライ式逆転合格!社会16日間問題集 高校入試 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長の2冊目の本が出ました!今回の本は中1,2生向けの復習用問題集です。問題集なのでこれで学ぶというよりは勉強したことをこれで試す、って感じです。恒例の漫画もアリ!是非御覧ください!
RECOMMEND
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門)
歴史の鉄人―中学受験入門 (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理カードと合わせて歴史もカードで学べるぞ。家で、学校でどこでも学べるカード式。人物、事件、年号までも詰め込んだ問題で歴史の基礎はバッチリ!
RECOMMEND
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門)
地理の鉄人―中学受験入門 (日本編) (中学受験入門) (JUGEMレビュー »)

地理の初学者にオススメなカード。一枚一枚切り離してトランプのように使える。おもてに問題があって裏に回答があるクイズ形式で何度も遊んで自然にチリの勉強ができちゃうよ!
RECOMMEND
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL)
にっぽん探検大図鑑 (NIPPON-PAL) (JUGEMレビュー »)

これから地理を学ぼうって言う生徒はこれから始めてみたらどうだろう?豊富な写真とイラストで日本のことがよーくわかるよ。(≧∀≦)各地の特産物、地形や風習は実際見て感じるのが一番!文字で読んでてもピンとこないもんね。大人が読んでも「へぇー」な一冊!
RECOMMEND
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法
戦争をしなくてすむ世界をつくる30の方法 (JUGEMレビュー »)
平和をつくる17人
校長が日々言っているように、戦争反対って思うことも大事だけど、行動しなくちゃ変わらない。それをどう実行したらいいか、よく考えて書いてある一冊。こんな風にいろんな人が自分なりの「戦争しなくて済む方法」を考えられる社会がいいよね。「戦争反対」の人はぜひ読むべし!
RECOMMEND
トライ式 逆転合格!社会
トライ式 逆転合格!社会 (JUGEMレビュー »)
中村 雄一
校長直筆の書き下ろしです。自分で言うのもなんだけど、いや、自分で言うから薦めるのか(笑)中学受験、高校受験共に使える基礎からの参考書だと思うよ。なかよしテイストも至る所に見られて(笑)なかよし生徒ならコラムは必見!
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
講演依頼・出演依頼はこちら
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
カンボジア大使館で家事っ!パスポートが!
0
    いまビザ取得のため、カンボジア大使館にパスポートを預けてるんだけど、

    こんなニュースが((((;゚Д゚)))))))


    カンボジア大使館で火事! http://www.jiji.com/sp/article?k=2017022500424&g=soc

    か、火事((((;゚Д゚)))))))



    ってビビったけど、よく読んだら焼肉しようと思って、ホットプレートを電源入れたまま廊下に持ち出したら発火した、、、って。


    よく分からない状況だけど、

    とりあえずパスポートは無事の模様。

    ビザ取得のためにパスポート預けてる人たちはみんな同じようにドキッとしただろうな(≧(エ)≦。)?
    とりあえず何もなくよかった(笑)
    | It's (笑)time! | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
    世界がどんどん身近に
    0

      先日「好きか嫌いか言う時間」の収録で、北朝鮮についてやった。



      今まで教科書やニュースで「知って」はいるものの、どうしても身近で ‘自分事’ には感じられなかったことが、当事者の人に実際に会うことでぐっと自分事に感じられる。

       


       

       

      この番組では、教科書の太字が「現実」だと実感する瞬間を何度も体験させてもらっている。

       



      よその国の誰かの問題にはそこまで興味はわかない。
      でも、自分の知り合いが実際に困っている事だったら、もはやそれは「自分事」だったりする。



      カンボジアもそう。

      出逢ってしまったら、もうそれは「他人事」じゃないんだ。


      シリア、北朝鮮、、、

      今はまだ何もできない無力な自分だけど、

      いつか必ず勉強道具持って授業しに行く!

      そう約束した。

      笑顔で「thanks」と答えてくれたパクさん。

      本当にありがとう!
      これからも、これからこそ!幸せな人生を!

      | 生きる授業 | 14:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      イジメの報告13倍に!!
      0
        沖縄で「イジメ報告によって先生や学校を処罰しない」としたところ、イジメの報告件数が10倍以上に((((;゚Д゚)))))))

        どんだけ埋もれてるんだって話
        ヾ(*`Д´*)ノ"彡☆

        でも、社会の為にはコレを「よく公表してくれた」って認めていかないと次に繋がらない。
        結局、オトナも子どもと同じで「怒られるのが怖い」。



        そんなのもう子どもたちはとっくに分かってる。
        だからそんな大人の「偉そうな」話は通用しない。?


        都合のいい時だけ

        「子どものくせに」

        「俺がお前くらいの頃は、、、」

        そんな言葉は誰の耳にも届かない。


        子どもも大人も関係なく、人として本当に伝わるメッセージを発して行くこと。

        言ったことに伴う「行動」があること。

        それが一番求められている。

        http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/85479?
        | 生きる授業 | 13:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
        応援グッズ続々!
        0
          【カンボジアプロジェクト2017】
          出発を来月に控え、続々と「応援グッズ」を預かってます!\(^ω^)/



          使わなくなった愛着あるモノを、また使ってくれる誰かの元へ。
          応援グッズは丁寧に洗われてたり、傷が補修されてたり、本当に愛情がたっぷり詰まった道具たち。

          たまたま近所の誰かにではなく、遠いカンボジアの子どもたちへ渡るだけ(笑)
          もしそんなモノがあれば、是非連絡ください!.。゚+.(・∀・)゚+.゚

          責任持って俺たちなかよし学園が世界の子どもたちへ届けます!
          | 世界修学旅行 | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
          高校生の夢
          0

            JUGEMテーマ:学問・学校

             

            今非常勤講師として授業を行っている高校が数校ある。

             

            家庭教師で授業する時は「1対1」だから、当然色んな事を話すんだけど、

            集団授業の時は全員に向かって話すから、全員の細かい話を聞くことは難しい。

             

            でも、いや、だからこそ、「夢」の話をする。

             

             

            やろうと思ったら、大抵の事はできるよ!

             

             

            夢って、「〜したい!」って事でしょ。

            病気で苦しむ人を助けたい!

            勉強で困っている人を助けたい!

            元気をなくしている人に元気を与えたい!

             

            こういう「夢」があって、次に手段を考えるんだ。

             

            医者になろう!薬剤師になろう!製薬会社に入ろう!看護師になろう!

            医療に関わる人であれば「病気で苦しむ人を助ける」ことはできる。

             

            その職業が全てなんじゃない。

             

            何をやりたいかが重要!

             

             

             

             

             

            そう言う話をたくさんしてきた。

             

             

            俺自身も、「先生」をやりながら、勉強を教えて、

            iPhoneImage.png

             

            「旅人」をやりながら、世界中を取材して、

             

            「おとうさん」をやりながら、娘達と思いっきり遊んで、

             

            そう言う色んな事をやりながら「なかむらゆういち」って言う人生を歩んでる。

             

             

            君は?

             

             

            何したい?

             

             

             

            誰をどんな風に助けたい?

             

             

             

            俺は、そうずっと君に問い続ける。

             

             

             

            この記事を読んでくれている君にも。

             

             

             

             

             

             

             

            高校でもそんな事を続けていたら、何人かの生徒が放課後俺の所に来て、

             

            「先生、○○大に入って、○○したい!できるかな?」

             

            って相談に来るようになった。

             

             

             

            こういう時俺は必ず言うんだ。

             

            「できるよ。じゃあこれとこれを今から始めな。応援してるぞ!ガンバレ!」

             

            って。

             

             

            出来ない事なんてない。

            しかもそれがたかが「勉強」だったらなおさら無理なんてない!

             

             

            その学校の偏差値からすると合格率がどうとか、そう言うデータはいくらでもある。

             

            でも、それは「先生」側の問題。

            それが叶えられないとすれば、それは先生の力量が足りないって事になる。

            0からちゃんと教えて、生徒が1日も休まず努力したら成功する道を見つけてあげてよって思う。

            今まで勉強してない人は、「やるべきこと」もたくさんある。それをちゃんと整理してあげて、

            これをこんだけやればできる!って道を教えてあげる。

            そして一緒にその夢を目指す。

             

            それだけのことで生徒の夢を、「ステージ」に上げてあげられる。

            (そっから先は、それぞれの子が自分で切り開いていく世界だ)

             

            結局、先生って

             

            生徒が100%の実力を出せば、実現できる道を一緒に探す仕事だ

             

            って俺は思っている。

             

             

             

            だから、どんな子であっても、そこに「夢」があって、なりたい自分がいて、

             

            そこに「勉強」って言うもんが必要ならば、

             

            俺がいっくらでも教えてやる!

             

             

            そう思うんだ。

             

            そんなこんなで、英語の授業後に数学の質問に答えるという面白い現象が起こっている今日この頃デス(笑)

             

             

             

             

             

            今までこのブログやなかよし学園の活動を通じて「直接」応援をしてきたけど、

            もっともっと多くの人を応援したい。

            イジメの相談もTVのおかげで前よりも遥かに多くの問題を解決できるようになった。

            でもまだまだ日本中に悩んでいる子がいる。

             

            だから来年には新しいスタジオを作って、授業を開始しようと思うんだ。

            日本中、世界中の子ども達と授業する!

            今はこれを目標にコツコツ準備をしている、そんな俺です。

             

             

             

            | 生きる授業 | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
            このページの先頭へ